【COTY 選考コメント】インターナショナルなものさしでクルマをはかる…松任谷正隆

自動車 ビジネス 国内マーケット

COTY始まって以来の輸入車の選出ということで、発表後も選考委員の中で賛否両論あったように思うが、個人的にはインターナショナルなものさしでクルマをはかることは大事だと思っているので、よかったのではないだろうか。

むしろ遅すぎたと言うべきか。ただ、今後は安全面、燃費面、テクノロジー面とさまざまな要素がますます複雑に入り組んでくるので、どこをどう評価するのか難しくなってくるだろう。

松任谷 正隆 │プロデューサー/音楽家/音楽学校主催/AJAJ会員
1951年東京生まれ。慶応義塾大学文学部卒。クルマ好きが高じて、80年代の半ばから車の番組に携わるようになり、90年代の半ばから選考委員に。職業柄、広く、深く取材できないことから、どこか自分の能力を生かしてと考え、行き着いた先は「感性」という部分。実際には、音、振動、揺れ、反応速度など、自分なりの見解を積み上げてきた。
《松任谷正隆》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集