日産と神奈川県、自動運転技術搭載車両の高速道路での実証実験をさがみ縦貫道路で開始

自動車 テクノロジー 安全

日産自動車は11月25日、神奈川県の協力の下、自動運転技術搭載車両の高速道路での実証実験を、さがみ縦貫道路にて開始すると発表した。

今回の実証実験は、神奈川県の地域活性化総合特区「さがみロボット産業特区」における重点プロジェクトとして、同特区の中央を貫くさがみ縦貫道路の供用区間で実施する。

実証実験では、今年9月にナンバープレートを取得した『リーフ』ベースの自動運転技術の実証実験車両を使用。同車両は、周辺の道路状況を検知し、ハンドル、ブレーキ等を自動的に制御する自動運転技術が搭載されており、高速道路の入り口から出口まですべてを自動運転で走行することができる。走行中は、「車線内走行・車間距離制御」や「自動合流・自動分岐」、「自動車線変更」などを行う。

さがみロボット産業特区とは、神奈川県が、県民生活の安全・安心の実現と県内経済の活性化を図るため、さがみ縦貫道路の全線開通を機にこの沿線地域を対象として、実用化が期待される生活支援ロボット(センサー、知能・制御系、駆動系の要素を持つ機械システム)の実用化支援を行っていくもの。

日産は、同特区内での実証実験を通じ、将来の自動運転システムの実現に向けた基盤技術の安全かつ信頼性の高い開発を行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集