【東京モーターショー13】ゆりかもめ・入場券・駐車料金の割引セット発売

鉄道 エンタメ・イベント

東京臨海副都心を周回する新交通ゆりかもめ。東京モーターショーの開催にあわせ、フリー切符とモーターショー入場券、駐車料金をセットにした「東京モーターショー・パーク&ゆりかもめ」を発売する。
  • 東京臨海副都心を周回する新交通ゆりかもめ。東京モーターショーの開催にあわせ、フリー切符とモーターショー入場券、駐車料金をセットにした「東京モーターショー・パーク&ゆりかもめ」を発売する。
  • 東京モーターショーが開催される東京ビッグサイト。ゆりかもめの国際展示場正門駅に近い。
ゆりかもめ社と東京テレポートセンターは、東京臨海新交通臨海線(新交通ゆりかもめ)のフリー切符と「第43回東京モーターショー2013」入場券、駐車場利用料金をセットにした「東京モーターショー・パーク&ゆりかもめ」を、11月23日から12月1日まで発売する。

新交通ゆりかもめが1日だけ自由に乗り降りできる「ゆりかもめ一日乗車券」大人1枚(通常800円)と、東京モーターショーの一般当日入場券(同1500円)、青海臨時駐車場の利用料金(同1500円)をセットにしたもの。セット価格は3200円で、別々に購入するより600円安い。駐車場の入場時にチケットをセットで購入する場合に限り、駐車料金を値引きする。

青海臨時駐車場は船の科学館駅に隣接しており、ここからモーターショー会場の東京国際展示場(東京ビッグサイト)に隣接する国際展示場正門駅まで新交通ゆりかもめで移動すると、通常運賃は往復480円。「ゆりかもめ一日乗車券」を利用する方が320円高いが、「東京モーターショー・パーク&ゆりかもめ」は600円引きとなることから、トータルで見ると280円安くなる。

このほか、「ゆりかもめ一日乗車券」とモーターショーの入場券をセットにした「ゆりかもめde東京モーターショーGO!GO!セット」(2000円)も発売される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集