【ロサンゼルスモーターショー13】トヨタ、走行シーンでボディ形状が変化する近未来EVを提案

自動車 ニューモデル モーターショー

ロサンゼルスーモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品された、トヨタ『E-GRUS』
  • ロサンゼルスーモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品された、トヨタ『E-GRUS』
  • ロサンゼルスーモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品された、トヨタ『E-GRUS』
  • ロサンゼルスーモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品された、トヨタ『E-GRUS』
トヨタ自動車は、ロサンゼルスモーターショー13の恒例イベント「デザインチャレンジ」に、『E-GRUS』を出品した。

第10回目となる2013年のデザインチャレンジのテーマは、「自然の知恵」。トヨタの米国デザイン部門、CALTYが手がけたのが、E-GRUSだ。

E-GRUSは、EVコミューターの提案。長距離ドライブ時と、市街地走行時とで、異なるボディになるのが特徴。市街地では、車体を折り畳んでコンパクトになり、取り回し性や駐車の利便性を高める。

自動運転技術も導入。燃費効率を高めるエアロダイナミクス性能を追求すると同時に、高速走行時のスタビリティも確保。四輪にインホイールモーターを組み込む。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集