【東京モーターショー13】トヨタ 加藤副社長「クルマをかけがえのない存在に」

自動車 ニューモデル モーターショー

次世代燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」
  • 次世代燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」
  • 未来のクルマ「TOYOTA FV2」
  • 日本の次世代タクシー「JPN TAXI Concept」
  • トヨタの加藤光久副社長
トヨタは東京モーターショーのプレスブリーフィングで、次世代燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」、未来のクルマ「TOYOTA FV2」、日本の次世代タクシー「JPN TAXI Concept」のアンヴェールを行い、車両を公開している。

同社で技術開発を担当し、「カローラ」を4世代にわたって手がけてきた加藤光久副社長は「私の人生はクルマから学ぶことが多かった」と語った。

また、「クルマを単なる移動の手段にはしない」、「クルマをかけがえのない存在にしたい」、「好きで好きでたまらない、このクルマでなければダメというクルマをつくりたい」、「お客様の笑顔を支えるクルマであってほしい」とし、トヨタのクルマづくり方向性を示した。

映像では、国際宇宙ステーション(ISS)に搭載した「KIROBO」に採用された人工知能をクルマに搭載。ドライバーと会話を行うシーンなども紹介されている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集