【東京モーターショー13】直噴ターボ搭載したスバルのPHV…VIZIV EVOLUTION CONCEPT

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル PHVコンセプトカー VIZIV EVOLUTION CONCEPT(東京モーターショー13)
  • スバル PHVコンセプトカー VIZIV EVOLUTION CONCEPT(東京モーターショー13)
  • スバル PHVコンセプトカー VIZIV EVOLUTION CONCEPT(東京モーターショー13)
  • スバル PHVコンセプトカー VIZIV EVOLUTION CONCEPT(東京モーターショー13)
  • スバル PHVコンセプトカー VIZIV EVOLUTION CONCEPT(東京モーターショー13)
スバルのブースでは2台のコンセプトカーが展示されている。1台は『CROSS SPORT DESIGN CONCEPT』であり、もう1台がこの『VIZIV EVOLUTION CONCEPT』だ。

VIZIVは、今年のジュネーブモーターショーで初めて公開された、スバルのプラグインハイブリッドのコンセプトカーである。今回の東京モーターショーではジュネーブ版のVIZIVにいくつかの変更が加えられているという。

変更点は、エンジンに新型の1.6リットル BOXER直噴ターボエンジンの搭載、オートパイロット機能の強化という2点となる。

トランスミッションは高トルク対応したリニアトロニックCVT。フロント1モーター、リア2モーターのレイアウトにも変更はない。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集