ダイハツディーゼル、世界初、IMO NOx第3次規制に適合する鑑定書を取得

船舶 テクノロジー

ダイハツディーゼルは、日本海事協会とDet Norske VeritasからIMO NOx第3次規制に適合を証明する鑑定書SOC(ステートメント・オブ・コンプライアンス)を世界に先駆けて取得した。

2016年建造船から適用が見込まれるIMO NOx第3次規制では、第1次規制比80%のNOx削減が求められている。この規制では、規制値が厳しくエンジン単体での対応が難しいことから、後処理装置による対応が必要となってきる。

同社は、ディーゼル機関とSCR装置を結合した状態(スキームA)でのNOx認証試験を日本海事協会、Det Norske Veritasの立会受検をし、SCRの技術情報も含むNOxテクニカルファイルの審査も経て、IMO NOx第3次規制に適合を証明する鑑定書SOCを取得した。

今後、エンジン型式毎にSCR装置と組み合わせて、IMO NOx第3次規制の認証を取得して、量産・販売開始に向けた準備を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集