【東京モーターショー13】TSテック、形状・ポジションなどを自動調整する近未来型シートを展示

自動車 ビジネス 企業動向

相棒シート
  • 相棒シート
  • 眠気低減シート
  • ブースイメージパース・ブースマップ
TSテックは、11月22日から12月1日まで、東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターショー2013」に、近未来型シート「相棒シート」などを出展する。

相棒シートは、「座る」を哲学し科学する同社の研究会「座ラボ」のアイデアから生まれたプロジェクト。ドライバーを理解し、ドライバーのための理想の「座る」を提案することを目指して開発している。第一段階として、各種調整機構を用いて乗員の体格に応じたポジションに自動的に調整する近未来型シートを展示する。

また、ドライバーの状態をモニターし眠気を検出・低減する「眠気低減シート」を出展する。クッションセンサーでドライバーの深呼吸やあくびなどの呼吸変動を検出し、居眠りなどの低覚醒状態を判定。低覚醒状態だと判定するとシートに内蔵した振動モーターが作動し、眠気を低減させる。

そのほか、CFRP、アルミ化により世界最軽量を実現した「超軽量シートフレーム」や、対格差吸収機構やマッサージ機能を搭載した「二輪車用アメイジングシート」などを展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集