アウディ セールス スキル ロールプレイ コンテスト…大喜多社長「地道なトレーニングがトップに立つ秘訣」

自動車 ビジネス 企業動向

アウディ代表取締役社長 大喜多寛氏
  • アウディ代表取締役社長 大喜多寛氏
  • 2013 アウディ セールス スキル ロールプレイ コンテスト
  • 2013 アウディ セールス スキル ロールプレイ コンテスト
  • 2013 アウディ セールス スキル ロールプレイ コンテスト
  • 2013 アウディ セールス スキル ロールプレイ コンテスト
  • アウディ代表取締役社長 大喜多寛氏
アウディジャパンは11月13日、全国のアウディ正規販売店の新車セールススタッフを対象に、販売スキルアップを目的とした、「2013 セールススキル ロールプレイング コンテスト」全国大会を開催した。

この大会は、全国のアウディディーラーを9ブロックに分け、各ブロックから1名ずつ選抜。また、全ブロックの中から次点となった1名の計10名で、30分間の模擬顧客対応を行うものである。

今回で2回目となるこのコンテストについて、審査委員長も務めた同社代表取締役社長の大喜多寛氏は、「去年よりも全体のレベルが上がっている。それだけ一生懸命やってくれているのだろう」とコメント。「このトレーニングはお客様役がいないと成立しない。店舗のスタッフ全員が大会に向けてサポート、応援している。すごくいい大会だと思う」と話す。

大喜多氏は初開催の前大会と比較し、「去年は皆手探りで参加したが、実際に全国大会で表彰され、結果が全店舗に配信されると、自分も1位になってやろうと奮起し店舗でのトレーニングの質や回数が上がった。結果、とてもレベルが高くなったのだと思う」と述べる。

トレーニングに関しては、アウディジャパンが用意したパッケージがある。また、アウディみなとみらい(神奈川県横浜市)には研修センターがあるほか、店長研修を四半期に一度、営業マン研修を約年2回行っている。更に新型車が出る際は専用のトレーニングも実施するという。「問題は、集合研修は我々が行えるが、店舗に戻ってどれだけ復習するかが勝負。野球も一緒で基礎トレーニングはなかなかやり難いが、トップに立つ人は地道に行う。そういう工夫が必要ではないかと感じている」(大喜多氏)と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集