【東京モーターショー13】デンソー、インタラクティブ・コミュニケーション・コックピットなどを展示

自動車 ビジネス 企業動向

インタラクティブ・コミュニケーション・コックピット
  • インタラクティブ・コミュニケーション・コックピット
  • デンソー ブースイメージ
デンソーは、11月23日から12月1日まで東京ビッグサイトで一般公開される「第43回東京モーターショー」に出展、「地球と生命を守り、次世代に明るい未来を届けたい。」をテーマに、安心・安全および環境分野の製品、技術を幅広く展示する。

安心・安全分野では、インタラクティブ・コミュニケーション・コックピットを中心に、各種技術を展示。運転中に気が付きにくい危険をフロントガラス上に表示する世界最大サイズのヘッドアップディスプレイや、ドライバーの体調をチェックしたり、運転中の危険を前もって知らせるコミュニケーションロボットなど、各種運転支援システムを体験することができる。

また環境分野では、インジェクターごとに噴射量やタイミングを制御することができる世界初のエンジン制御システムi-ARTを搭載し、同時に最大2500気圧の燃料噴射圧力を実現するディーゼルエンジン用のコモンレールシステムなどを展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集