トヨタ、中国 研究開発センターのテストコースなどが完成…HVユニットの現地生産化を目指す

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は11月14日、江蘇省常熟市東南経済開発区に設立したトヨタ自動車研究開発センター(TMEC)で完成披露式を実施した。

TMECは中国における最先端要素技術の開発拠点として2010年11月に設立。翌年4月より業務を開始しており、今回、テストコース、評価施設のほか、合弁パートナー、サプライヤーなどと環境技術に関する交流を図るための「省エネルギー・新エネルギー車技術センター」といった主要施設が完成した。

式典で、TMEC社長であるトヨタの山科忠専務役員は「約束通り、2013年中にスタート地点に立つことができた。これから TMECの使命であるハイブリッドユニットの国産化を中心とした環境技術の現地化推進と、中国のお客様に喜んでいただけるクルマづくりに努力していく」と述べた。

トヨタは現在、TMECを中心に、ハイブリッドユニットの国産化に向けて準備を進めており、今回の式典において、電池製造会社を設立したこと、インバーター、トランスアクスルの主要コンポーネントも現地調達することを発表。2015年頃を目標として、中国産ハイブリッドユニットを搭載した車両を一汽トヨタ、広汽トヨタでそれぞれ生産・販売していく計画だとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集