【BMW i3・i8 発表】新たな販売モデル導入…移動型セールスも

自動車 ビジネス 企業動向

BMWジャパンは、次世代モビリティブランド「BMW i」の導入に伴い、BMW i販売店の設立など、新たな販売モデルを採用すると発表した。

新たな販売モデルは、「BMW i販売店」「モバイル・セールス・アドバイザー」「BMW iカスタマー・インタラクション・センター」および「BMW i スペシャル・サイト」という4つのチャネルを組み合わせたもの。

まず、BMW正規ディーラーが保有する186店舗の内、46店舗をBMW i販売店とし、11月13日より購入希望申込の受付を開始。販売店スタッフは、BMW i専門トレーニングを受講し、BMW iに関する様々な要望に応えられる体制を構築する。

また、BMW i販売店が近くにない地域のために、モバイル・セールス・アドバイザー(移動型セールス)を2014年春より導入。現地に赴き、既存のBMW正規ディーラーのネットワークを活用しながら販売をサポートする。

さらに、BMW i専用のコールセンターおよびスペシャルサイトを11月13日より開設。BMW iに関する様々な要望、ニーズ、問い合わせに対応していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集