【日産 スカイライン 新型発表】ヘッドライトは猛禽類の目を意識

自動車 ニューモデル 新型車

日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
日産から新型『スカイライン』が発表された。そのフロントはヘッドライト、フロントグリルともこだわりを持ってデザインされている。

日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの長谷川浩さんによると、ヘッドライトは、目の表情を意識したという。「しっかりと前を見据えている、目線が自分の方に向いているような、見つめられているような表情にした。なおかつ、怖い顔にしすぎないよう注意をしながら、獰猛なアグレッシブな感じも表現したいので、猛獣や猛禽類の表情を写真などで見ながら意識してデザインした」と述べる。

フロントグリルは、2009年のジュネーブショーでデビューしたコンセプトカー、『エッセンス』をモチーフとしており、「クルマのデザインは顔から始まり後ろへ流れていくので、グリルの構えや形がそのままフードの面や、ルーフの形に関係を持たせることを意識した」という。

そのグリルは、これまでインフィニティやスカイラインに多かった横バーに対し、新型はウェーブメッシュという、メッシュに対して波を打つような変化をつけたものとした。これは、「スポーティなイメージを表現すると同時に、グリルの面の圧力を感じるようにした」と述べ、先代、先々代スカイラインは横バーだったものを今回変更することで、正常進化から新しい1歩を踏み出したあらわれのひとつだと語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集