三菱ふそう、インドネシア累計販売100万台の記念式典を実施

自動車 ビジネス 海外マーケット

100万台記念のトラックを前に記念撮影を行う関係者
  • 100万台記念のトラックを前に記念撮影を行う関係者
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、インドネシア・ジャカルタで、累計販売100万台の記念式典を11月6日に実施したことを発表した。

当日はメディア50社および、現地販売代理店KTB社などの関係者が出席し、記念式典を実施した。

MFTBCは、インドネシア市場に参入してから今年で43年が経過し、商用車分野でのトップブランドであり続けている。その中でも小型トラック『コルト ディーゼル(日本名:キャンター)』GVW5-8トンクラスにおいては、2013年シェア1位(52.8%)を確保し、インドネシアの商用車市場のマーケットリーダーに成長した。

式典に参加したMFTBCの小亀雅史副社長は「インドネシアが当社の最大市場にまで成長を遂げることができたのは、当社のトラックを購入してくれたユーザーのおかげだ。今後もインドネシア市場のマーケットリーダーとして、シェアを維持するため、生産性をさらに高め、顧客ニーズに対応できるように取り組んでいきたい」と述べた。

MFTBCはインドネシアに1970年に参入。小型・中型・大型トラックおよびバス用シャシーをKRM社で生産、エンジンおよびトランスミッションはMKM社で生産している。なお、車両はインドネシア国内向けとして、現地販売店KTB社の220以上のネットワークを通じ販売している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集