【サイクルモード13】石田純一、電動アシスト自転車で“育メン”始める

自動車 ニューモデル モビリティ

「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
  • 「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
  • 「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
  • 「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
  • 「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
  • 「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
  • 「サイクルモードインターナショナル2013」のイベントに出席した石田純一さん
タレントの石田純一さんが、「サイクルモードインターナショナル2013」のトークイベントに出席、電動アシスト自転車の魅力と、まもなく1歳になる息子の理汰郎くんの近況を語った。

11月2日に開催された、電動アシスト自転車『タスカル』の魅力をPRするトークイベントに出席した石田さん。

トークの中で石田さんは、息子との散歩に自転車を活用していることを明かし、「チャイルドシートも完備してますので、理汰郎くんを前に乗せて走ると、いつも“パチパチ”とやって本当に喜びますね。そういった感じで自転車とつき合い始めています」と、自らの自転車ライフを語った。

11月5日に1歳になる理汰郎くんについては、「うちの理汰郎くんすごく昭和な男の子でね、ちょっと顔が東尾修に似てて、理子も“パパにおっぱいを吸われてるみたいで、ちょっと恐い光景”とか言ってます」などと近況を語った。

「一度乗ると手放せなくなりますね」と電動アシストの魅力を語る石田さん、子育て向けのモデルについても「うちも、1歳の男の子中心でやってますけど、これから育児を始める“育メン”達にもすごくいいのかな」と、男性にも似合う商品の魅力を話した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集