松屋銀座の外壁一面を、ダイハツの歴代車種とタントカスタムがジャック

自動車 ビジネス 国内マーケット

ダイハツ工業は11月1日より、松屋銀座の外壁面に巨大広告の掲出を開始した。広告は、これまで発売された代表的な同社の軽自動車21台を年表形式で紹介するもので、10月に発表された最新モデルである新型『タントカスタム』が一際大きく描かれている。

タントは、10月3日にフルモデルチェンジして3代目となり、同社の発表によれば10月末時点で月販目標の9倍超となる3万9000台の受注を獲得し。なお、同車は2003年の初代発売以来、累計120万台を売り上げ、いわゆる「モアスペース」「スーパーハイト」と呼ばれる軽自動車の新ジャンルを打ち立てたベストセラーだ。

今回の屋外広告は、中央通りと松屋通りに面した松屋銀座の外壁ほぼ全面を使っており、面積は1200平米という巨大サイズ。ダイハツの歴代代表車種やタントカスタムとともに、現在放送中のテレビコマーシャルに出演している豊川悦司さん、菅野美穂さん、綾野剛さんも全長8mの巨大サイズで登場している。

コピーには「軽も銀座(ここ)まで来たか」というメッセージを載せ、タントカスタムの存在感を訴求している。

また、松屋銀座でのこれまでの広告掲出実績は高級ブランドがほんとんどで、自動車ではアウディやジャガーのみ。国内自動車メーカーとしては、今回のダイハツが初の試みだという。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集