【トヨタ SAI 試乗】マイチェンながら変貌遂げた…岩貞るみこ

試乗記 国産車
トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
  • トヨタ SAI S “Cパッケージ”
「輸入車は恋愛、国産車はお見合い」とは、よく言われるセリフである。

アバタもエクボで、なんでも許せてしまう輸入車に対し、国産車はお見合いの条件よろしく、ひとつひとつ吟味して選ばれていく。でも、お見合いだって見合い写真の段階で却下されれば、その先に進まないというのも事実。そしてこれまでの『SAI』はまさにそれだった。

SAIを開発し、先代SAIを選んだ人からブーイングをされる覚悟で敢えて書こう。先代SAIのデザインはひどくそっけない。どうしてこんなデザインになってしまったのか、足りない私の脳みそでは理解不能である。

しかしながら、そうした感情を抱いたのは私だけではなかったようだ。今回、マイナーチェンジでありながら、SAIは劇的に変身した。トップヘアメイクにかかれば、ふつうの顔がモテ女優顔へと変化するがごとく、思わず振り返るほどの色気をふりまくようになった。なんだ、やればできるんじゃん、SAI。

デザインって大切だよなとしみじみ思う。もちろん個人的趣味であり、どれが「いい」という正解はない。でも、所有して毎日ながめるものであればこそ、なに系に属すかはともあれ、最大公約数的にモテ顔にしないと、お見合いの候補にすらならないということだ。

新型SAIの、思い切った変身ぶり。ユーザーターゲットの真ん中に位置するひとりとして、かなり惹かれる顔になった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース