JR境線 鬼太郎列車の旅 妖怪の国・境港へ

鉄道 エンタメ・イベント
境港駅を出発する2両編成の鬼太郎・ねこ娘列車。
  • 境港駅を出発する2両編成の鬼太郎・ねこ娘列車。
  • 米子駅0番ホームに到着した鬼太郎列車。
  • JR米子駅。
  • 米子駅は「ねずみ男駅」。上に一反木綿が飛んでいる。
  • 鬼太郎像が出迎えてくれる。
  • 隣には烏天狗も。
  • この日乗車したのは、ねこ娘と鬼太郎列車の2両編成。
  • 先頭はねこ娘。型式はキハ40。
JR西日本 米子駅と境港駅を結ぶJR境線は、境港市出身の水木しげる氏にちなみ、2000年8月から「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを描いた車両が走っている。駅も車内も鬼太郎づくしだ。

2013年の現在、鬼太郎列車(妖怪列車)は、「鬼太郎」「ねずみ男」「ねこ娘」「目玉おやじ」「ファミリー(こなきじじい」 「ファミリー(砂かけばばあ)」の6種類が運行している。どのタイプがどの時間に走るのか、日によって違う。乗車した日は土日の休日にあたり、「鬼太郎」「ねこ娘」の2両編成、「ファミリー(こなきじじい」 「ファミリー(砂かけばばあ)」の2両編成が往復していた。車体だけではなく、車内もシートも妖怪があしらわれている。車両によっては、2007年放映のアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎役の声優、高山みなみさん、猫娘役の今野宏美さんによる車内アナウンスを聴くことができる。

米子~境港間は各駅すべてに妖怪の愛称がつけられている。たとえば「河崎口駅」は「傘化け駅」、「米子空港駅」は「べとべとさん駅」になる。米子駅は「ねずみ男駅」、境港駅が「鬼太郎駅」だ。米子から境港まで運賃320円、約45分でで妖怪との旅を楽しめる。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

  • 【夏休み】JR西日本、境線で「ゲゲゲのスタンプラリー」開催 画像 【夏休み】JR西日本、境線で「ゲゲゲのスタンプラリー」開催
  • JR西日本、美保基地航空祭に合わせ境線で臨時列車運転 画像 JR西日本、美保基地航空祭に合わせ境線で臨時列車運転

特集