トヨタ、プリウスPHV を内外装を一部改良…価格も改定285万円より

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・プリウスPHV
  • トヨタ・プリウスPHV
  • トヨタ・プリウスPHV
  • トヨタ・プリウスPHV
  • トヨタ・プリウスPHV
  • トヨタ・プリウスPHV
トヨタ自動車は、『プリウスPHV』を一部改良し、9月30日に販売を開始した。

今回の一部改良では、次世代環境車にふさわしい内外装に意匠変更したうえで全グレードの価格を見直し、エントリー価格を285万円、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金が適用された場合の参考価格はおよそ255万円とするなど、魅力を高めている。

外装では、LEDイルミネーション付のリヤエンブレム、新意匠のアルミホイール(センターオーナメント付)、クローム調加飾を施したサイドガーニッシュやアウトサイドドアハンドルなどを採用し、先進イメージをさらに強調している。

また内装では、助手席インストルメントパネルアッパー部や助手席前アッパーボックス部、フロントカップホルダー部にソフトパッド表皮を採用。そのほか、センタークラスターやドアスイッチベースに木目調加飾を、エアコン吹き出し口に加飾を施し、上質感を追求した。

さらに、従来のスポット溶接より溶接打点間のピッチを細かくすることができる工法「レーザースクリューウェルディング」の採用などによりボディ剛性を高め、振動や騒音を低減したほか、優れた乗り心地や操縦安定性を実現している。

価格は285万円から399万8000円。

なお、当面の年間販売目標台数については1万台以上とし、充電インフラの整備が一層進む2010年代の後半には、年間2万台以上の販売を目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集