【INDYCAR】ディクソン、ヒューストンでの2連勝がタイトル獲得のカギ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
インディカーは28日、現在ポイントスタンディングで首位に立つエリオ・カストロネベスを49ポイント差で追いかけるスコット・ディクソンが、10月5日と6日の両日に行われるダブルヘッダーのレースで連勝する可能性について検証した。

10のターンを持つ1.683マイルの市街地コースで行われるダブルヘッダーのイベントで勝利すれば充分なポイントを得られるため、ディクソンにとっては一気にカストロネベスに接近する大きなチャンスと言える。

ディクソンはベル・アイルとトロントで行われたダブルヘッダーの各レースでトップ5フィニッシュを果たし、全てのドライバー達の中で最高のパフォーマンスを見せた。彼はトロントのダブルヘッダーで2連勝し、ポイントスタンディングを一気に2位まで登り詰め、ベル・アイルでのイベントでも連続4位入賞を果たし、彼の平均フィニッシュはダブルヘッダーにおいて2.5位という、驚くべき数字を示している。

ヒューストンでの第1レースではインディカーの歴史で2度目となるスタンディング・スタート(静止スタート)が採用され、ディクソンはトロントの第2レースでポールポジションからスタンディング・スタートを行い、堅実にリードを確保することに成功した。

◆ダブルヘッダーのレースでの平均フィニッシュ順位

1. スコット・ディクソン ‐ 2.5位
2. マイク・コンウェイ ‐ 4.5位
3. ダリオ・フランキッティ ‐ 4.5位
4. エリオ・カストロネベス ‐ 5.25位
5. サイモン・パジェノ ‐ 8.5位
6. マルコ・アンドレッティ ‐ 9.75位
7. セバスチャン・ボーデ ‐ 10.0位
8. ジャスティン・ウィルソン ‐ 11.0位
9. チャーリー・キンボール ‐ 12.0位
10. ライアン・ハンター=レイ ‐ 14.25位
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集