【メルセデスベンツ G 350 ブルーテック 発売】1000万円切り、ユーザーの心を掴むか

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
メルセデスベンツ『Gクラス』に追加された「G350ブルーテック」は、他のGクラスと同様スクエアで普遍的なスタイリングや、高い次元の走行安定性を実現するフルタイム4WDシステムなど上級モデルに匹敵する装備を備えているという。

G350ブルーテックの装備面での特徴について、メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部商品企画1課の伊藤節弥氏は、「18インチのアルミホイールやクロームパーツ、そして、プライバシーガラスといった上級モデルに匹敵する装備を採用している。インテリアの装備も充実している」とし、「安全装備であるミリ波レーダーを用いたセーフティシステムや快適装備はほぼ上級モデルと同等」だという。

省かれた装備としては、レザーシートやスライディングルーフで、いずれもオプションとし、この2つを組み合わせたラグジュアリーパッケージを45万円で設定した。

GクラスはエントリーモデルのG350ブルーテックを加えることで4グレードとなった。伊藤さんはG350ブルーテックの価格について、「1000万円を切る989万円と戦略的な価格設定で、ヨーロッパで買う値段よりも安いくらいではないか」と話す。この価格により、「Gクラスにこれまで憧れを持っていたが、ちょっと手が届かないという声も聞いてきたので、そういったユーザーの期待に応えられるような価格設定」だと語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集