ランドローバー、レンジローバー 2014年モデルを発表…新開発の3リットルV6スーパーチャージドエンジンを導入

自動車 ニューモデル 新型車

新型レンジローバー・2014年モデル
  • 新型レンジローバー・2014年モデル
  • 現行 レンジローバー(参考画像)
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型『レンジローバー』の2014年モデルの日本仕様と販売価格を発表、10月1日より販売を開始する。

2014年モデルでは、既存の5リットルV8 NAエンジンに代わり、3リットルV6スーパーチャージドエンジンがラインアップに加わる。新エンジンは、5リットルV8エンジンアーキテクチャーをベースに開発、同様のパフォーマンスを維持する一方で効率性を向上。新開発の8速オートマチック・トランスミッションと組み合わせ、最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する。

また、2014年モデルでは、エンジンストップ/スタート機能を全モデルに標準装備。燃費は従来モデルの5.3km/リットル(JC08モード)から7.4km/リットルに向上している。

さらに、小川や浅瀬などを走行中に水深情報を提供するウェイド・センシング機能やパークアシスト機能など、各種セーフティ機能をオプションで用意する。

価格は3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグが1230万円、5.0 V8 スーパーチャージド ヴォーグが1490万円、オートバイオグラフィーが1670万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集