【WRC】パッドン、カタールMスポーツよりラリースペインに参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヘイデン・パッドン
  • ヘイデン・パッドン
  • ヘイデン・パッドン
WRCは9月25日、ニュージーランド人ドライバーのヘイデン・パッドンが10月に行われるラリースペインで、カタールMスポーツのフォード・フィエスタRSを運転することを発表した。

26才のパッドンにとってそれはフルWRCカーで競技する最初のラリーであり、彼はまた新しいジェネレーションのWRCモデルで競争する最初のニュージーランド人となる。

「エキサイトしていると言うのはむしろ控え目な言い方だ。自分のキャリアを作り上げるチャンスだと考えている」とパッドンは語った。

パッドンは10月24日から27日の間に行われるイベントで、砂利道と舗装路の両方で車を試すこととなる。彼はラリーを完走し、経験を積むことを目標にしているが、同時にトップ5のステージタイムを記録することも望んでいる。

「当然、最大の努力でステージタイムを記録したい。だが、初めてWRCの車のハンドルを握り、多くの経験を得る為に確実に完走することも重要だ」とパッドンは付け加えた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集