【ジャカルタモーターショー13】トヨタ ヴィオス、タクシー「ブルーバード」に多用[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタ ヴィオス(ジャカルタモーターショー13)
インドネシアの首都ジャカルタ。海外からの出張者にとってもっとも利用しやすい移動手段がタクシーである。

渋滞が激しいジャカルタにあって、鉄道や路線バスといった公共交通機関は未だビジネス時の利用としては利便性の低さが否めない。

そこでタクシーが多用されるのだが、ジャカルタを中心に、もっとも有名なタクシーが、「ブルーバード」「シルバーバード」である。海外からの出張者も安心して利用できるタクシーの2大ブランドといっても過言ではないだろう。

シルバーバードはブルーバードに比べると高級で、メルセデス・ベンツを中心に高級車を利用できる。一方のブルーバードで多く利用されているのがトヨタ『ヴィオス』。

ヴィオスは、バンコクモーターショー13で新型が発表されたばかり。新型ヴィオスの生産はタイで、世界80以上の国へ輸出されている基幹モデルとなっている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集