福岡の外国人旅行者向けフリー切符、本格発売に移行…10月1日から

鉄道 企業動向

JR九州と西日本鉄道(西鉄)、福岡市交通局、昭和自動車の4社局は、外国人旅行者向けの1日フリー切符「FUKUOKA TOURIST CITY PASS」を10月1日から本格発売する。

「FUKUOKA TOURIST CITY PASS」は、福岡市内の公共交通が1日自由に乗り降りできる外国人旅行者限定のフリー切符。2012年9月30日から社会実験として発売を開始し、販売枚数は当初目標の1万2000枚を上回る約1万5000枚を達成した。1年間の社会実験により年間を通した利用状況などを把握したことから、このほど本格発売に移行することになった。

切符は800円券と1300円券(いずれも子供は半額)の2種類あり、いずれも販売時にパスポートを確認する。対応言語は英語と韓国語、簡体中文、繁体中文。800円券は西鉄の鉄道路線を除く福岡市内の公共交通機関を中心に利用でき、1300円券は800円券で利用できる公共交通機関のほか、西鉄の天神大牟田線西鉄福岡(天神)~西鉄二日市間と太宰府線西鉄二日市~太宰府間も利用できる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集