スマホ履歴から自動的にスポット情報をまとめるアプリ『スポット便利帳』

自動車 テクノロジー ネット

「スポット便利帳」スタート画面
  • 「スポット便利帳」スタート画面
  • 「スポット便利帳」スポット一覧画面
  • 「スポット便利帳」スポット地図画面
  • 「スポット便利帳」説明チャート
  • 「スポット便利帳」アプリロゴ
 ソニーマーケティングは19日、手軽に自動でスポット情報をまとめられるAndroidアプリ『スポット便利帳』の提供を開始した。Android OS 2.3以降搭載のスマートフォンおよびソニー製タブレットで使用可能。

 『スポット便利帳』は、スマートフォンやタブレットに保存されている電話の発信履歴やウェブサイトの閲覧履歴、Facebookのチェックイン情報などを自動的に収集し、「ぐるなび」「ぴあ」「るるぶ」のサイトが提供するスポット情報とマッチした情報をまとめられるアプリだ。

 各履歴は一日一回自動的に抽出。集められた履歴の情報は、「ぐるなび」「ぴあ」「るるぶトラベル」などから提供される「食べる」「見る」「遊ぶ」といった150万件を超えるスポット情報のデータベースとマッチングされる。この自動的に行われるマッチングにより、店舗や行楽地などの住所・電話番号をはじめとする基本情報とともに、写真や地図、テレビ番組で紹介された履歴情報とひもづけされる。ひもづけされた情報は、『スポット便利帳』としてまとめられクラウド上で管理される。

 これにより、使用シーンに合った端末からクラウド上にあるスポット情報を確認可能となる。データをキーワード検索し、必要に応じて登録することも可能。あらかじめ登録しておいたスポットに近付くとアラートで通知する機能も搭載する。さらに、Xperia Tablet / Sony Tablet Sシリーズ(Sony Tablet Pシリーズ除く)となら、『スポット便利帳』間でのスポット情報のクラウド連携が可能。

 アプリの利用には「My Sony ID」への登録が必要(登録無料)。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集