ボルボ V60、米国市場へ初導入…新世代4気筒エンジン搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ V60の大幅改良モデル
  • ボルボ V60の大幅改良モデル
  • ボルボ V60の大幅改良モデル
  • ボルボ V60の大幅改良モデル
ボルボカーズの米国法人、ボルボカーズオブノースアメリカは9月12日、『V60』を米国市場に初導入すると発表した。

これまで、ボルボカーズは、米国にV60を投入していなかった。米国ではステーションワゴン市場が縮小したためで、『V70』も現行型は米国には未導入。SUVテイストの『XC70』が、米国での唯一のボルボワゴンといえる存在だった。

そんな中、ボルボカーズはV60の米国初導入を決定。米国ではスポーツワゴンとして、2014年1月に発売する。

米国向けのV60は、フェイスリフトを含めた大幅改良が施された最新モデル。グレードは3種類を設定する。「T5」の4気筒車は、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ(最大出力240ps、最大トルク35.7kgm)を搭載。このエンジンは、新世代の「ドライブ-E」と呼ばれるユニット。

同じく「T5」の5気筒車は、2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ(最大出力250ps、最大トルク36.8kgm)を積む。トップグレードの「T6」は、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ(最大出力325ps、最大トルク49kgm)となる。駆動方式は、T5の4気筒のみFF。他は4WD。

ボルボカーズオブノースアメリカのジョン・マロネイ社長兼CEOは、「ボルボにとってエキサイティングな時。パワフルで高効率な新型4気筒エンジンのボルボ車全体への搭載に当たり、V60が最初のステップになる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集