【ホンダ フィット 新型発売】事前受注「車選びに自信ある50~60代男性中心」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ 新型 フィット
  • ホンダ 新型 フィット
  • ホンダ 新型 フィット
  • ホンダ 新型 フィット
  • ホンダ 新型 フィット
  • ホンダ 新型 フィット
  • ホンダ 新型 フィット
ホンダは9月17日、新型『フィット』の累計受注台数が発売開始から10日後の時点で過去最速ペースとなる4万台を超えたことを明らかにした。このうち2万7000台は9月6日の発売以前に受け付けたものだ。

ホンダ日本営業本部営業開発室の今井隆志商品ブランドブロック主幹は「車を見ずに2万7000台も買って頂けるとは正直思っていなかった。『N BOX』で事前受注が1万台くらい、2代目『フィット』でも1万台切るくらいだったので、それのプラスアルファくらいだと思っていたが倍以上になった」と語る。

事前予約したユーザー層については「ある程度、車選びに自信のある50代から60代の男性で、世帯年収が少し高めで現金で即決できるような人たちが中心。自銘柄の比率が約6割。そのうちの4割が『フィット』。それも、初代の方が多い。なかには2代目『フィット ハイブリッド』から乗り換えるという方もでてきている。2代目フィット ハイブリッドからすぐ乗り換えるというのは想定してなかった。その辺が(事前受注の)上積みになっているという印象」と明かす。

そこで気になるのが納期だが「実は販売店に在庫があるなしでだいぶ違う。例えばハイブリッドだとものによっては2~3か月待ちというのもでてきているが、在庫を持っている販売店は即納というケースもある。このようにばらつきが出ているので、一概に2~3か月待ちとはなかなか言えない状況」としている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集