【WRC 第10戦】オジエ、ラリーオーストラリアで勝利も王座に届かず

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • VWポロR(セバスチャン・オジエ)
  • フォード・フィエスタRS(ティエリー・ヌービル)
  • シトロエンDS3(ミッコ・ヒルボネン)
WRCは9月15日、フォルクスワーゲン・ポロRのドライバーであるセバスチャン・オジエがラリーオーストラリアを制するも、ポイントランキング2番手のティエリー・ヌービルが2位となった為に、2013年度のチャンピオン獲得は先送りとなったことを発表した。

このフランス人ドライバーは合計22ステージの内の19ステージで勝利し、2位以下に1分32秒1の差をつける余裕の勝利を飾った。しかしミッコ・ヒルボネンが最終ステージでのパンクの為に2番手から後退し、代わりにヌービルが2位に浮上したことで王座を決定することはできなかった。

「最も大切なことは、僕達がパーフェクトなラリーをしたことで、タイトルを獲得するのはオーケーだったが、それはまだ書き下ろされていない。完全な仕事をした時、それを得ることを予想するものだが、それは直ぐに起こるだろう」とたったの1ポイント差でチャンピオンに届かなかったオジエは語った。

昨日の第2レグでロールアウトすることでリタイアとなったクリス・ミーケは、シトロエンのメカニックによって彼のDS3に修理が施され、この日のラリーで再スタートを切ることとなったが、最終ステージの終了間際に右リアのサスペンションを破損して、再びリタイアする残念な結果となってしまった。

ラリーオーストラリアの結果

1. セバスチャン・オジエ
2. ティエリー・ヌービル
3. ミッコ・ヒルボネン
4. ヤリ‐マティ・ラトバラ
5. マッズ・オストベルグ
6. アンドレアス・ミケルセン
7. エフゲニー・ノビコフ
8. ネーサン・クイン
9. ハリ・アル‐カシミ
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集