レクサスの小型SUV、LF-NX …デザイン誕生の過程[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス LF-NX
  • レクサス LF-NX
レクサスが9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13でワールドプレミアしたコンセプトカー、『LF-NX』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

LF-NXは、次世代のレクサスの顧客に向けて、コンパクトSUVを提案したコンセプトカー。ボディサイズは全長4640×全幅1870×全高1630mm、ホイールベース2700mm。レクサス『RX』(全長4770×全幅1885×全高1690mm、ホイールベース2740mm)と比較すると、LF-NXは130mm短く、15mm幅狭く、60mm低い。ホイールベースは40mm短い。

エクステリアは、SUV特有の力強さを表現しながら、エモーショナルな走りを予感させるフォルムを追求。スピンドルグリルや、ヘッドランプから独立させたL字型のクリアランスランプなど、レクサス独自のデザイン要素を導入している。

インテリアは、金属製フレームの骨格に革を組み合わせた仕上げ。タッチパネル上で指を上下左右に動かすことで、文字入力などを行うフリック操作を可能にしたタッチパッド型の新型リモートタッチを採用する。

近い将来、市販に移される可能性の高いLF-NX。そのデザインが生まれる過程に焦点を当てた映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集