ロールスロイスのボーイング787-9ドリームライナー用エンジンが型式認証を取得

航空 企業動向

ロールスロイス、トレント1000・パッケージCエンジンが型式認定を取得
  • ロールスロイス、トレント1000・パッケージCエンジンが型式認定を取得
  • 787-9 ドリームライナー
ロールスロイスは、ボーイング787-9ドリームライナーに搭載するトレント1000エンジン・パッケージCが欧州航空安全局(EASA)から型式認証を取得したと発表した。

認証されたエンジンは今後、ボーイング787-9型機の初飛行テストに搭載される。離陸時推力7万4000ポンドを発揮するこのエンジンを搭載した787-9型機は、787-8型機とともに、2014年にローンチカスタマーであるニュージーランド航空へ引き渡される予定。

さらに、出力向上と燃費を改善する新技術を導入したトレント1000-TENは、推力7万8000ポンドで2016年に投入する予定。このエンジンは、787-10を含むボーイング787シリーズ全ての機種に搭載できる。

トレント1000エンジンは、静粛性が高く、燃費効率が最も高いボーイング787ドリームライナー向けエンジンとして開発した。2011年から787に搭載して実用化している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集