JR東日本、10月19日に高崎駅「ふれあいデー」…C61、D51やEF55展示

鉄道 エンタメ・イベント

「高崎鉄道ふれあいデー」の案内。高崎駅構内のほか、新幹線保守基地も第2会場として公開する。
  • 「高崎鉄道ふれあいデー」の案内。高崎駅構内のほか、新幹線保守基地も第2会場として公開する。
  • 「高崎鉄道ふれあいデー」で展示されるC61 20。写真は信越本線高崎~横川間の臨時快速『SLレトロ碓氷』をけん引したときの姿。
  • 「高崎鉄道ふれあいデー」で展示される茶色のDE10 1705。上越線のSL列車『SLみなかみ』回送列車のけん引などに使用されている。
JR東日本高崎支社は10月19日、高崎駅構内でイベント「高崎鉄道ふれあいデー」を開催する。C61形、D51形蒸気機関車やEF55形電気機関車など機関車6両が展示されるほか、新幹線の保守基地公開も行う。

展示される車両は蒸気機関車がC61形20号機とD51形498号機の2両、電気機関車がEF55形1号機とEF65形501号機、EF60形19号機の3両、ディーゼル機関車がDE10形1705号機の1両。ほかに、マクラギ交換作業の実演や駅長・機関士の制服での記念撮影、高崎線130周年の歴史写真展示などが行われる。

また、第2会場として高架上にある新幹線保守基地を公開し、保守用車両の展示も行われる。入場には整理券が必要で、当日会場で配布される。

時間は10時から15時まで。線路内及び一部のイベントは14時30分で終了となる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集