【フランクフルトモーターショー13】ジャガー初のクロスオーバー、C-X17 コンセプト…次世代アルミ構造採用

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
  • ジャガー C-X17
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは9月9日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー13でのワールドプレミアに先駆けて、コンセプトカーの『C-X17』を発表した。

ジャガーカーズは、C-X17を「スポーツクロスオーバーコンセプト」と表現。同社にとって、クロスオーバー車(SUVを含む)は初。急成長中のSUV市場への参入を示唆したコンセプトカーが、C-X17となる。

C-X17の大きな特徴が、次世代の軽量化技術を導入した新開発のアルミモノコック構造。このアルミモノコック構造が、将来のジャガーの市販車に広く採用される重要技術となる。ジャガーカーズによると、このアルミモノコック構造を搭載した最初の市販車は、2015年に登場するミッドサイズセダンになるという。

C-X17のボディサイズは、全長4718mm、全高1649mm。フロントマスクには、最新のジャガーのデザイン言語を反映。リアは、テールランプが新型スポーツカーの『Fタイプ』を思わせる。

インテリアは、プレミアムなスポーツクロスオーバーコンセプトに相応しい上質な仕上げ。「インタラクティブ・サーフィス・コンソール」と呼ばれる新世代の車載コネクティビリティも装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集