【ホンダ フィット 新型発表】ひとクラス上のリアデザインを模索

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィット 13G
  • ホンダ フィット 13G
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ フィット 発表会のようす
ホンダ『フィット』のリアコンビネーションランプは、新型だとすぐにわかるように、大型化された。

「リアコンビネーションランプにはこだわりました」とは、フィットのエクステリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオの村川淳さんの弁。

「初代、2代目とそれほど大きく変化をさせなかったイメージのリアでしたが、今回はぱっと見て3代目だとわかるような印象にしたかったので、テールゲート側にランプ類を入れ大型化しました」という。

また、「これまでのフィットは、ミニバンチックで上から下までつるんとつながるようなリアデザインでしたが、新型はバンパーとキャビンを別々のモチーフに極力見えるようにすることで、乗用車に近い塊を目指しました」とし、リアコンビネーションランプの下にハイライトが通るので、そこからわかれるイメージだと述べる。

松川さんは、リアコンビネーションランプの大型化とともに、「当初から世界で戦うということがありましたので、クラスが上に見えるような、これまでのコンパクトのようには見せないようにデザインしました」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集