【リコール】三菱ふそう キャンター など、変速不能になるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所
  • 改善箇所
  • 改善箇所
三菱ふそうトラック・バスは9月5日、『キャンター』などのオイルホースクランプおよびシートベルト巻き取り装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、キャンター、ローザ、エアロエース、エアロクィーン、日産アトラスで、2010年12月20日~2013年7月16日に製作された1万2497台。

デュアルクラッチ方式の機械式オートマチックトランスミッションを搭載した小型トラック・バスにおいて、オイルクーラーホースのトランスミッション側接続部の締付力が不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースが外れてトランスミッションオイルが漏れ、変速が出来なくなって走行不能になるおそれがある。

小型トラックと大型バスの運転席または助手席用シートベルトにおいて、巻取装置内部のロック機構部の製造方法が不適切なため、圧入部が緩み、シートベルト脱着時に異音や引っ掛かりが発生するおそれがある。そのまま使用を続けると、最悪の場合、圧入部品が外れ、衝突時にシートベルトのロックが作動しなくなる。

オイルホースクランプの不具合については、全車両、オイルクーラーホースのトランスミッション側接続部のクランプを対策品に交換する。

シートベルト巻き取り装置の不具合については、全車両、当該シートベルトを点検し、圧入部が緩んでいないものは、当該巻取装置の内部に緩み対策部品を取り付ける。圧入部が緩んでいるものは、当該シートベルトを良品に交換する。

不具合発生件数はオイルホースクランプが5件、シートベルト巻き取り装置が0件で、市場および部品メーカーからの情報で発見した。

事故は起きていない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集