【フォード クーガ 試乗】乗って分かる、SUV=スマート・ユーティティ・ビークルの意味…山崎元裕

試乗記 輸入車

フォード クーガ「タイタニアム」
  • フォード クーガ「タイタニアム」
  • フォード クーガ 内装
  • フォード クーガ 新型
  • フォード クーガ 内装
  • フォード・クーガ
  • フォード クーガ 内装
  • フォード クーガ 内装
  • フォード クーガ
「きちんとした」、「流行の」、「利口な」、「気のきいた」、「鋭い」、「強い」、「きびきびした」、「活発な」…。

というように、たくさんの魅力的なニュアンスを持つのが、フォードが新型『クーガ』に込めた「SUV」の最初のSが意味するところである「Smart=スマート」という言葉。

なるほど実際に新型クーガをドライブしてみると、なぜフォードはそれを、「スポーツ」ではなく、あえて「スマート」・ユーティティ・ビークルと表現したのかが、良く理解できる。

現行型のフォーカスとも共通する、エクステリアデザインのコンセプト。1.4Lの直列4気筒ターボエンジンと6速AT、そして絶妙な前後駆動力配分を行う4WDシステムに、前輪のトルクベクタリング機構。新型クーガは、その走りの中で感じるすべてに、「スマート」な印象を抱くモデルだ。

もちろんこのカテゴリーのクルマに対してカスタマーが期待する、機能性にも大きな期待が持てる。従来型の360リットルから406リットルへと容量を拡大したラゲッジルームや、キーを携帯していれば、リアバンパーの下へと足を蹴り込む動作で、リアゲートをオートマチックでオープン&クローズできる機能などは、その典型的な例だろうか。

新型クーガは、実際に日本市場のセールスを担当するスタッフにとっては、相当なプレッシャーを感じるクルマだろう。何しろそれは、売れないことに対しての理由が考えられないニューモデルだからだ。日本市場でのフォード・ブランドの成長に、先行して導入されたフォーカスとともに、このクーガが大きな役割を果たすことは、間違いないはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★


山崎元裕|モーター・ジャーナリスト(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
1963年新潟市生まれ、青山学院大学理工学部機械工学科卒業。少年期にスーパーカーブームの洗礼を受け、大学で機械工学を学ぶことを決意。自動車雑誌編集部を経て、モーター・ジャーナリストとして独立する。現在でも、最も熱くなれるのは、スーパーカー&プレミアムカーの世界。それらのニューモデルが誕生するモーターショーという場所は、必ず自分自身で取材したいという徹底したポリシーを持つ。
《山崎 元裕》

編集部おすすめのニュース

特集