【INDYCAR】ポジティブなフィードバックを得たIMSのロードコーステスト[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

グラハム・レイホール(動画キャプチャ)
  • グラハム・レイホール(動画キャプチャ)
  • グラハム・レイホール(動画キャプチャ)
  • デリック・ウォーカー((動画キャプチャ)
  • ボビー・レイホール(動画キャプチャ)
  • ライアン・ブリスコー(動画キャプチャ)
  • ライアン・ブリスコー(動画キャプチャ)
インディカーは9月4日、この日インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)で行われたロードコースで、グラハム・レイホールとライアン・ブリスコーがインディカーのテストを行った様子を撮影した映像を公開した。

レイホール・レターマン・レニガン・レーシングの共同オーナーであるボビー・レイホールは、息子であるグラハムに「オイ!お前は逆行しているぞ!」とジョークを飛ばし、グラハムは「コースを逆行(インディ500では反時計回り)するのは少し変な感じだったね」と語った。

スピードウェイの役員達は約1億ドルを投資して、このインフィールドのロードコースを改変し、将来的にインディカーのテストやレースを招く計画をしている。

MotoGPとグランド‐AMはすでにこのロードコースを使用しており、MotoGPは2008年より反時計回りに使用し、グランド‐AMは2012年より時計回りのレイアウトで使用している。そしてF1のレースがこのコースで2000年から2007年の間に行われた。

「皆が言うように悪いコースではない。良くスライドして、多くのグリップは期待できないので、MotoGPのライダー達が本当に楽しめないのは理解できる。そして追い抜きに関しては、たった2つの場所しかない。しかしだからこそ僕達は多くの異なった設定を試して、分析と可能性のある助力をしようとしている」とグラハム・レイホールは語った。

この日テストを行ったもう一人のドライバーであるライアン・ブリスコーは、「コースのセットアップは現在、多くのハイスピードコーナーを持ち、時計回りに移動するのは異なった感覚を与えるものになっている。幾つかのエリアでは追い抜きがし易いように改良が可能で、それはここでのレースを素晴らしいものにするだろう」と語った。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集