【ホンダ フィット 新型発表】峯川専務「HV比率は最終的に70%くらい」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ 峯川尚専務執行役員
  • ホンダ 峯川尚専務執行役員
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす(左が峯川専務)
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
日本営業を担当する峯川尚専務執行役員は9月5日の発表会見で、新型車の国内でのハイブリッド車(HV)販売比率について「最終的には70%くらいに落ち着く」との予測を示した。

ただし、燃費などHVの性能が浸透していけば「70%以上に高まる可能性もある」とも述べた。旧型のフィットは国内でのHV比率は約50%だったが、新システムを搭載した3代目ではその比率が大きく高まる可能性があるとの見方だ。

一方、峯川専務は同日までの新型フィットの事前受注が「すでに2万5000台を超えた」と明らかにした。同じ期間では2001年の初代と、07年の2代目モデル超える数字とし、「日本から世界を驚かせる渾身の1台となった。お客様の期待を大きく超える進化が評価いただいているのだと思う」と述べた。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集