【ホンダ フィット 新型発表】HVモデル国内最高の低燃費36.4km/リットルを実現

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ・新型フィット
ホンダは、『フィット』『フィット ハイブリッド』をフルモデルチェンジし、9月6日より発売する。

3代目となる新型フィットは、世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマを目指して開発。コンパクトカーの概念を刷新した初代フィットの設計思想を継承しながらも、パワートレインと車体を完全新設計し、居住性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを進化させた。

ハイブリッド車は、EV発進を可能にした新ハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD」を搭載。走行状況に応じて、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つの走行モードの中から最も効率の良いモードを自動的に選択して走行することで、36.4km/リットル(JC08モード)という国内最高の低燃費と、全域においてレスポンスの良い走りを実現した。

1.3リットルのガソリン車には、低燃費運転と高出力運転を両立した新開発エンジンを採用。クラストップレベルである26.0km/リットル(同)の低燃費を実現。1.5リットルのガソリン車は、ホンダ独自の直噴技術によってハイパワーを達成、力強い走りと爽快なドライビングフィールを実現した。

プラットフォームは、ホンダ独創のパッケージ技術である「センタータンクレイアウト」を進化させ、コンパクトクラスの想像を超える室内空間を確保しながらも大幅な軽量化を実現。軽快な走りと低燃費に貢献している。

価格はフィットが126万5000円から180万円、フィット ハイブリッドが163万5000円から193万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集