【フランクフルトモーターショー13】ランドローバー ディスカバリー に2014年型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー ディスカバリー の2014年モデル
  • ランドローバー ディスカバリー の2014年モデル
  • ランドローバー ディスカバリー の2014年モデル
  • ランドローバー ディスカバリー の2014年モデル
  • ランドローバー ディスカバリー の2014年モデル
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは9月3日、『ディスカバリー』の2014年モデルの概要を明らかにした。実車は9月10日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー13でワールドプレミアされる。

現行ディスカバリーは4世代目モデルで、2009年12月に発表。北米では、『LR4』として販売されている。2014年モデルは、現行ディスカバリー初の大幅改良モデルになる。

外観は、フロントグリル、フロントバンパー、ヘッドランプを一新。デイタイムランニングライトには、LEDを組み込む。ランドローバーは、「ニューフェイス」と表現。アルミホイールの形状も新しい。また、ボンネットには、「ランドローバー」に代えて、「ディスカバリー」のロゴが配される。

メカニズム面では、ディーゼルエンジンの環境性能が向上。3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルは、最大出力256ps/4000rpm、最大トルク61.2kgm/2000rpmを発生。トランスミッションはZF製の8速AT。アイドリングストップの効果もあり、CO2排出量は230g/kmから213g/kmへ低減。欧州複合モード燃費は12.5km/リットルへ引き上げた。

装備面では、プレミアムオーディオの内容がグレードアップ。ブラインドスポットモニタリングやリバーストラフィックディテクションなど、安全装備も充実している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集