マツダ アクセラ 新型、耐久テストツアーが始動…ロシアからドイツへ出発

自動車 ニューモデル 新型車
新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。山口県防府工場でラインオフ
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。山口県防府工場でラインオフ
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。山口県防府工場でラインオフ
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。神奈川県横浜港へ陸送
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。神奈川県横浜港で船積み
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。ロシア・ウラジオストクを出発
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。ロシア・ウラジオストクを出発
  • 新型マツダ アクセラの耐久テストツアー。ロシア・ウラジオストクを出発
マツダの最新作、新型『アクセラ』(海外名:新型『マツダ3』)。同車を使った日本からドイツまでを走行する耐久テストが、いよいよ大陸部分で本格スタートを切った。

これは8月2日、マツダの欧州法人、マツダモーターヨーロッパが明らかにしたもの。「8月3日、新型アクセラがロシアからドイツに向けて出発」と発表している。

この耐久テストは、「マツダ・ルート3」と命名。マツダの山口県防府工場から神奈川県横浜港へ陸送された新型アクセラは、海を渡り、ロシアのウラジオストク港へ。そこから、ロシアを横断し、ベラルーシ、ポーランドなどを経由、ドイツ・フランクフルトへ向かう。9月7日、フランクフルトモーターショー開幕直前に、ゴールを目指す。総走行距離は、約1万5000km。

今回の耐久テストは、アクセラの前身である『ファミリア』の4代目モデル、『マツダ323』を欧州市場に初投入するに当たり、1977年にマツダが実施した耐久テストの再来。当時、2台のマツダ323は広島からフランクフルトまで、過酷な道路状況の中、1万5000kmを走り切り、その高い耐久性能を世界にアピールした。

8月3日、8台の新型アクセラはロシア・ウラジオストクを出発。まずは最初のステージ、1400kmを英国、チェコ、ドイツ、イタリア、ポーランド、ポルトガル、スロバキアの各国ジャーナリストらが、ドライブする。

耐久テストに使用する新型アクセラは、最大出力120psを発生する2.0リットル直列4気筒「SKYACTIV‐G」ガソリンエンジンに、6速MTの組み合わせ。ボディタイプは、5ドアハッチバック。

マツダモーターヨーロッパのWojciech Halarewicz副社長は、「新型アクセラがいかに魅力的か、体験してもらえると思う。このツアーはスリルに満ち、本物のマツダを体験するものになるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集