近鉄「しまかぜ」とJR西日本「トワイライトエクスプレス」で伊勢神宮と出雲大社を参拝するツアー実施…10月9日

鉄道 企業動向
近鉄「しまかぜ」(左)とJR西日本「トワイライトエクスプレス」(右)。京都で両列車を乗り継いで伊勢神宮と出雲大社を参拝する。
  • 近鉄「しまかぜ」(左)とJR西日本「トワイライトエクスプレス」(右)。京都で両列車を乗り継いで伊勢神宮と出雲大社を参拝する。
  • 通常は大阪~札幌間で運転されている「トワイライトエクスプレス」。通常は10両編成の客車を機関車がけん引しているが、今回のツアーでは3両減らしての運転となる。
JR西日本と近畿日本鉄道(近鉄)、日本旅行は、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社の平成の大遷宮を記念した参拝ツアーを10月9日に実施する。近鉄の観光特急「しまかぜ」と、JR西日本の寝台特急「トワイライトエクスプレス」の車両を用いた列車を乗り継ぎ、二つの神社を巡る。

行程は車中1泊2日。1日目は7時30分頃、大阪上本町駅を「しまかぜ」で出発して宇治山田駅に向かう。伊勢神宮の外宮と内宮を参拝後、五十鈴川駅から再び「しまかぜ」に乗車して京都駅には17時40分頃の到着。18時30分頃、「トワイライトエクスプレス」車両に乗り継いで車中泊となる。

通常の「トワイライトエクスプレス」は10両編成の客車を機関車がけん引しているが、このツアーでは3両減らして運転する。編成の内容は、出雲市方から機関車、電源車、9号車=2段式B寝台(Bコンパート)、5号車=B寝台個室(ツイン、シングルツイン)、4号車=サロンカー(サロン・デュ・ノール)、3号車=食堂車(ダイナープレヤデス)、2号車=A寝台個室(スイート、ロイヤル)、1号車=A寝台個室(スイート、ロイヤル)。

2日目は出雲市駅に10時30分頃到着。古代出雲歴史博物館の見学と出雲大社の参拝を経て、特急「やくも」と山陽新幹線を乗り継いで帰路に着く。新大阪駅には18~19時頃到着の予定。玉造温泉または松江でもう1泊する2泊3日のコースもある。

1泊2日コースの大人1人あたりの旅行代金は、「しまかぜ」プレミアムシートと「トワイライトエクスプレス」Bコンパート利用が8万5800円、「しまかぜ」4号車個室と「トワイライトエクスプレス」スイート利用が12万4800円。8月1日15時から発売を開始する。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース