ランボルギーニ 50周年特別仕様 ガヤルド …手練れだけが御せるRWDの猛牛

自動車 ニューモデル 新型車
ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
  • ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ
7月17日、表参道Rギャラリーにおいてランボルギーニ社創業50周年を記念した2台のモデルがアンヴェールされた。

1台は、560馬力を発生する5.0リットル V10エンジンをリアミッドに搭載し後輪を駆動する、全世界で90台以下の限定モデル『ガヤルド LP 560-2 50° アニヴェルサリオ(以下、ガヤルド 50 アニヴェルサリオ)』。もう1台は720馬力を発生する6.5リットル V12エンジンをリアミッドに搭載し、こちらは4輪を駆動する世界限定100台の「アヴェンタドール LP 720-4 ロードスター 50° アニヴェルサリオ(以下、アヴェンタドール・ロードスター・50 アニヴェルサリオ)」の2台である。

ガヤルド 50 アニヴェルサリオは、ランボルギーニ史上最多の販売台数を記録したガヤルドをベースに、10馬力アップの560馬力と高出力化がされた5.2リットル V10エンジン、さらにランボルギーニ社が持つカーボンファイバー技術を活かしたリアウィング、エンジンルームを覗くことのできる透明なグラスファイバー製エンジンボンネット、ダークグレーのスコルピウス19インチ鋳造アルミホイールなどを装着。0-100km/hは3.9秒、最高速度は320km/hというパフォーマンスを発揮する。

ミッドシップで560馬力という途方もないエンジン出力を後輪のみで駆動するということもあって、ランボルギーニでは本モデルを操るには「高い運転技術が必要」と断言。その分、走る悦びを追求したよりエモーショナルなモデルといえる。

インテリアは「ネロ・スーパーレッジェーラ(ブラック)」を基調としたアルカンターラの内装に、カーボンファイバー製のスポーツ・バケットシートが組み合わせられ、シートのセンター部分、ルーフライニング、ドアパネルにはこの記念モデルにのみ採用が許された白い菱形の「Q-シトゥラ ステッチ」が施され、随所にイタリアのクラフトマンシップが見てとれる。

またその外装色は、白く光り輝く限定色「ビアンコ・オパリス」が採用され、この色は、光を強く反射するグリッター効果を生みだす粒子の層が塗装面に追加された特別仕様だ。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

  • 【インタビュー】ランボルギーニ50周年記念車、ガヤルドはピュアスポーツでアヴェンタドールはラグジュアリー 画像 【インタビュー】ランボルギーニ50周年記念車、ガヤルドはピュアスポーツでアヴェンタドールはラグジュアリー
  • ランボルギーニ設立50周年 アヴェンタドール720-4 50アニヴェルサリオ登場 画像 ランボルギーニ設立50周年 アヴェンタドール720-4 50アニヴェルサリオ登場
  • コンラッド東京、ランボルギーニとコラボの超豪華宿泊プラン…ガヤルド付きで料金は5000万円 画像 コンラッド東京、ランボルギーニとコラボの超豪華宿泊プラン…ガヤルド付きで料金は5000万円
  • ランボルギーニ アヴェンタドール、バックオーダーは1年分以上の人気 画像 ランボルギーニ アヴェンタドール、バックオーダーは1年分以上の人気

特集