【スマート フォーツーEV 試乗】シティ・コミューターとしての使い方が一番…岩貞るみこ

試乗記 輸入車

スマート電気自動車
  • スマート電気自動車
  • スマートフォーツーEV
  • スマート 電気自動車
  • スマート 電気自動車
  • スマート 電気自動車 内装
適材適所。背伸びや無理は禁物である。そこへいくと、スマートのEVはまさに! と、思わず膝を打ってしまう。

EVの弱点は航続距離が短いことだ。そりゃ、バッテリーを大量積載すればいくらだって走れるけれど、そんな屁理屈を言っている場合ではない。ふつうの感覚でいけば、やっぱり短い。だからシティ・コミューターとしての使い方が一番である。

街中を、ちょこちょこと、しかも静かに駆け抜ける。都会の入り組んだ小路を颯爽と謳歌するのである。

でも都会なら都会で、リクエストがある。やっぱりかっこよくなくっちゃね。軽自動車に恨みがあるわけじゃないけれど、黄色いナンバープレートで都会の最先端の街角で胸を晴れるかというと、小心者で長いものに進んで巻かれる私の答えはノーだ。そこへいくと、このクルマ。まさにスマートなのである。やっぱりお洒落。ブランドの力は強い。

小さい。小回りがきく。駐車がしやすい。しかも静か。カーナビを設定するときも、アイドリング音が当然しないので、軒がつらなる道路幅の狭い住宅街でも気ぜわしく慌てることがない。航続距離が残り90kmと表示されても、半径20Kmでちょこまか走る分には、余裕の数字なのである。

二人乗りの小さなこのクルマは収納術も身に着けていて、トランクリッドを開くと内側に充電ケーブルが格納されている。荷物を積むときの邪魔にもならず、なんというかこう、お利口さんなのである。ちょっと価格が高いのが気になるけれど、都会といわず、最近、ガソリンスタンドが消滅しつつある地方エリアの足としても、活躍してもらいたいものである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集