【INDYCAR 第13戦】ディクソンがトロント2日目も制して3連勝、琢磨クラッシュ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
  • ウィル・パワー
  • ライアン・ハンター=レイ
  • カルロス・ムニョス
  • 琢磨のファンのキャップ
7月14日に行われたホンダ・インディ・トロントの2日目のレースで、ポールポジションからスタートしたスコット・ディクソンが、前日に続く圧倒的なレース運びを見せ、トロントでの2連勝、そしてシリーズでの3連勝を飾った。

ディクソンはこの2日目のレースを最後から2周目に起こった事故によるコーションの中、チェッカーフラッグを受けることとなったが、レース中にも30秒以上のリードを広げる強さを見せた。彼はトロントのダブルヘッダーの週末のスウィープによって、SONAX・パーフェクト・フィニッシュ賞の10万ドルを獲得した。

「僕はただチームの為にハッピーなだけだ」とディクソンは語った。

ディクソンはダリオ・フランキッティとセバスチャン・ブルデーを越えるインディカーシリーズでの32度目の勝利を収め、単独の7位でリストに名前を連ねることとなった。アル・アンサー・Jrの持つ34勝(オーバルでの9勝・ロード/ストリート・コースでの25勝)という記録が彼の次のターゲットとなる。ちなみにディクソンの記録は、オーバルでの17勝とロード/ストリート・コースでの15勝である。

「もし僕達がもっと多くの勝利を得ることができれば、何か正しいことをしているに違いない。僕はその為に多くのものを、チームが行ったと評価する」と彼はチームの努力を称賛した。

エリオ・カストロネベスはチャンピオンシップ・スタンディングで、このレースにハンター=レイから39ポイントをリードして及んだが、ディクソンはこの勝利で2番手に浮上、その差は29ポイントに縮まった。

「ここ2週間は結構大きな転換だった。僕は自分達が、この勢いを続けることを期待している」とディクソンは付け加えた。

セバスチャン・ブルデーは2連続表彰台フィニッシュ(1日目は2位で、2日目は3位)を果たし、フランキッティが4位、E.J.ヴィソが5位でフィニッシュすることとなった。

尚、佐藤琢磨は最後の2ラップで起こったハンター=レイとウィル・パワーの衝突に巻き込まれ、その時点でトップ10を走っていたが、残念なリタイアとなってしまった。

■ホンダ・インディ・トロントの2日目の結果

1. スコット・ディクソン
2. エリオ・カストロネベス
3. セバスチャン・ボーデ
4. ダリオ・フランキッティ
5. E.J.ヴィソ
6. チャーリー・キンボール
7. マイク・コンウェイ
8. ジャスティン・ウィルソン
9. マルコ・アンドレッティ
10. アレックス・タグリアーニ
11. ジョセフ・ニューガーデン
12. サイモン・パジェノ
13. グラハム・レイホール
14. シモーナ・デ・シルベストロ
15. セバスチャン・サーベドラ
16. トリスタン・ヴォーティエ
17. カルロス・ムニョス
18. ウィル・パワー
19. ライアン・ハンター=レイ
20. 佐藤琢磨
21. ジェームズ・ヒンチクリフ
22. エド・カーペンター
23. ジェームズ・ジェイクス
24. トニー・カナーン
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集