【INDYCAR 第12戦・13戦】トロントのバーチャル・ラップ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
  • トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
  • トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
  • トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
  • トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
  • トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
  • トロント市街地コースのバーチャル・ラップ(動画キャプチャ)
インディカーは7月10日、今週末に行われるダブルヘッダー・レース、ホンダ・インディ・トロントの市街地コース、トロント・エキシビジョン・プレース・サーキットのバーチャル・ラップの映像を公開した。

トロントのコースは1.77マイルの市街地コースで、11のターンのいずれにもバンキングは一切無い。今日ある多くの市街地サーキットと同じく、トラックは速く、バンピーで狭いコースだ。

車はストレートで高いスピードに達するので、トップスピードは重要な要素である。スタートとフィニッシュラインのあるストレートで、ドライバーは150マイル/時のスピードに達し、第1ターンがパッシングポイント。ブレーキングをより深くすることで、競争相手の内側から追い抜くことができる。

第2ターンをへて長いストレートへ入る。車はサーキットの最高速度である180マイル/時のスピードに達する。第3ターンへの入り口も、パスがよく見られるポイント。第3ターンもタイトターンで、ドライバーは相手をアウトブレーキして先行し、内側から追い抜くことが可能。しかしもしこのタイトなターンの扱いをミスすると、バリアに衝突してしまう。

第4ターンは単純な左カーブで、すぐに第5ターンへと続く。第5ターンは90度の市街地コーナーだが、脱出速度を速くしすぎると出口で外側に押し出されてしまう。それから次は右カーブの第6ターンで、ここで車のコントロールを失うとバリアに衝突する。車はスピードの勢いを保って、120マイル/時以上のスピードで第7ターンにアプローチする。

第7ターンでドライバーは右カーブを確実にこなし、第8ターンにクルーズしなければならない。第8ターンはまた別のパッシングの機会を提供し、ドライバーは相手をアウトブレーキして内側からパッシングを行う。第9・第10ターンを一気に通り越し、スムーズなコーナリングで第9コーナーをクリアできれば第10ターンは勢いを一切失うこと無く通過できるだろう。

そして車は緩やかな左カーブである第11ターンを通過し、スタートとフィニッシュラインのあるストレートに戻る。トロント市街地コースは、良いスピードとハンドリング、ドライバビリティ全てが重要な要素だ。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集