【日野 安全技術説明会】商用車にもアクティブ・セーフティが浸透

自動車 テクノロジー 安全

日野安全技術説明会
  • 日野安全技術説明会
  • 日野安全技術説明会
  • 日野安全技術説明会
  • 日野安全技術説明会
  • 日野安全技術説明会
乗用車ではスバルのアイサイトやマツダのi-アクティブセンス、ダイハツのスマートアシストといった「PCS」(プリクラッシュセーフティシステム)が今や人気の安全装備となっているが、実は商用車の世界でもPCS搭載化は進んでいる。

そんなPCSをはじめとした商用車における安全技術のプレス向け説明会が、日野自動車の羽村工場で実施された。

トラックやバスは交通事故の発生件数こそ乗用車と比べて少ないものの、一度事故が起きれば被害が深刻なものとなるだけに、あらゆる方法で事故の発生や被害を低減することが求められる。そのため乗用車に先んじて商用車では2014年11月から順次、PCSの搭載が義務化されることが決まっている。ここ最近は長距離バスによる高速道路上の事故が深刻化しているだけに、多数の乗客を運ぶバスにとってもPCS搭載は効果的な安全対策だろう。

もっとも、まずは周囲の交通状況を出来る限り正確に把握することが、事故を防ぐための基本的な条件だ。そこで乗用車と比べて死角も大きい、大型商用車の視界を支援することを予防安全を高める重要な要素としている。

そのためサブミラーやミラー自体の工夫に加え、従来のバードビューのバックカメラだけでなく、大型トラックやバスでは後方や助手席側後方にもCCDカメラを装備(オプション)して、死角だった範囲もフロントウインドウ上方のモニター上で確認できるといったように、至るところにカメラが備わっていた。

大型トラックのフロントバンパーの底部に内蔵されるのが、フロントアンダーランプロテクター(FUP)である。展示されている実車を見ると、バンパーエプロンの内側に分厚い鋼板をプレス成型して中空構造とした頑強なビームが組み込まれていた。トラック側が頑丈過ぎることで、相手の乗用車の方の被害が大きくなるのでは、と想像される方もいるかもしれない。しかし実際にはここを頑丈にすることで乗用車の潜り込みを防ぐことにより、乗用車側の衝撃吸収性を十分に発揮させることで、衝突時の乗員の損傷を軽減させるのである。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集