JAL、独禁法適用除外を申請…日本=欧州路線共同事業にフィンエアー追加で

航空 企業動向
日本航空(JAL)は7月1日、ブリティッシュ・エアウェイズと昨年10月から開始している日本=欧州路線での共同事業にフィンエアーを追加するため、独占禁止法の適用除外の申請を国土交通省に対し行ったと発表した。

JALとBAは、これまで日本と欧州間のすべての直行便、および両社の直行便に接続する欧州域内・日本国内の路線で共同事業を展開し、利用客の利便性向上に努めてきたが、今回ワンワールド・アライアンスメンバーであるフィンエアーが加わることで、共同事業の一層の強化を図りたい考えだ。

認可後には、3者はより緊密に連携することで、路線ネットワーク、商品、サービス品質等を飛躍的に向上させ、よりよいサービスの提供をめざしていくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL、BAと共同事業を開始…欧州域内路線と日本国内線でコードシェア 画像 JAL、BAと共同事業を開始…欧州域内路線と日本国内線でコードシェア
  • デルタ航空、ヴァージンアトランティック航空と北米と英国を結ぶ108路線でコードシェア、資本提携で 画像 デルタ航空、ヴァージンアトランティック航空と北米と英国を結ぶ108路線でコードシェア、資本提携で
  • ANA、エアアジアとのLCC合弁事業を解消…エアアジア・ジャパンはANA100%子会社へ 画像 ANA、エアアジアとのLCC合弁事業を解消…エアアジア・ジャパンはANA100%子会社へ

特集