トヨタ紡織、中国広東省に自動車用内装部品の生産拠点を新設

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ紡織(イメージ)
  • トヨタ紡織(イメージ)
トヨタ紡織の中国地域統括会社である豊田紡織(中国)は、広州汽車集団零部件(広汽部件)と合弁で、中国の広東省河源市に自動車用内装部品の生産新会社「河源豊田紡織汽車部件」を設立すると発表した。

トヨタ紡織グループと広汽部件との合弁は、広州桜泰汽車飾件に引き続き2社目。新会社は、広州地域における増産に対応し、2013年9月より自動車のシートカバーなどを生産開始し、シートを生産する広州桜泰へ供給する。広州桜泰で組み立てたシートは広汽豊田汽車有限公司へ納入する予定。

新会社の資本金は約210万米ドル(約2億円)、出資比率は豊田紡織(中国)が75%、広汽部件が25%。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集