【INDYCAR 第10戦】マイケル・アンドレッティ、成功への図式は信頼関係

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マイケル・アンドレッティ
  • マイケル・アンドレッティ
  • マイケル・アンドレッティとジェームズ・ヒンチクリフ
  • ライアン・ハンター=レイとジェームズ・ヒンチクリフ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • マルコ・アンドレッティ
  • E.J.ヴィソ
インディカーは6月24日、アンドレッティ・オートスポーツの指揮官であるマイケル・アンドレッティが、ドライバー達との関係を重視するチーム、または彼自身の方針について語った内容の記事を紹介した。

アンドレッティ・オートスポーツは、シーズンがアイオワ・コーン・インディ250の後に、後半にもつれ込むと共にエントラント・ポイントをリードし、これまでのイベントの半分に勝利している。

同チームの3年目のドライバーであるジェームズ・ヒンチクリフは、オーバルで勝ったことが無かった。今回、オーバル初勝利とシーズン序盤2度のストリート・コースでの勝利となった。そして彼のチームメイトであるライアン・ハンター=レイも、0.875マイルのオーバルで1秒509遅れの2位でフィニッシュした。

チームオーナーのマイケル・アンドレッティは、詳細を振り返る。

「情報を得ることはとても重要だし、良いものを得ることが必要だ。正確なインフォメーションと、自分が信頼出来る情報を得ることが大切だ。我々は4台分のデータを得て、4人のドライバーと4人のエンジニアが一緒に働き、お互いを信頼している。我々は1台でレースしているチームより、4倍の仕事量を得ていることになる。それが最も大きなことだと思う。チームワークの賜物だ」とアンドレッティは語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集